So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

園田隆二 体罰 恐ろしい実態! [スポーツ]

園田隆二 体罰 について

女子柔道の園田隆二監督の体罰(パワハラ)の
ニュースを見て ええ~!!って
思わず言ってしまいました。

園田隆二監督は オリンピックの女子柔道の試合の時
テレビにたくさん映っていて
とても 印象深かったのです。

桜宮高校の事件以来
多くの高校で 体罰が行われている事実が
明るみに出てきていますが

オリンピックの世界でも浮上してきました。

柔道の日本代表を含む女子選手15人が、
園田隆二全日本女子監督やコーチから
暴力などのパワーハラスメント行為を受けていたと去年の12月に告発していたのです。

桜宮高校の事件が取りざたされる前です。

日本オリンピック委員会(JOC)も
体罰の問題で 世間が騒がしくなっているので
表ざたにせずにはいられなかったようです。


全柔連は昨年9月に1人の女子選手から同様の訴えを受け、
数年間、暴力行為があったことを把握していたようですが、
11月に園田監督の続投を発表しました。

全柔連で園田監督に聞き取り調査し、事実が確認されたため、
今月19日に園田監督と元強化コーチに文書で戒告処分を言い渡したとのこと。
全柔連の処分は(1)永久資格停止(2)一時資格停止
(3)文書による戒告(4)口頭による注意--に分かれています。


15人連名でJOCへ提出された告発文には
園田監督の退任要求が含まれていたそうですが
現時点では交代させない方針だそうです。


全柔連として把握している園田監督の選手への暴力行為は
10年8月~12年2月の5件。
集合が遅かったり、
大会で負けたりした時などに平手や棒などで殴打。
それ以外に元強化コーチによる暴力もあったそうですが。

しかし、ある週刊誌に暴露した選手の話では

「愛のムチとは程遠かった。 みんなの前で(コーチらが選手を)ガツガツ殴ったり蹴ったりして、ひどかった。 代表選考の実権を握っている人たちに逆らうと 『五輪に行けなくなる』『切り捨てられる』と、 みんな泣き寝入りしていた」と明かした。

とのことです。

実際、ただの平手打ちぐらいでは
日本オリンピック委員会(JOC)に告発しないのではないか?
と思うのです。


全柔連も 実態隠しに必死なのでは?

告発した15名の選手名は
JOCから全柔連に伝えられていないそうです。
松本薫選手もふくまれているとか。

愛のムチなら 受けてる方も感じるはず。
体罰と感じるのは
自分の感情のはけ口に 暴力を使っているからではないでしょうか?





スポーツ ブログトップ
ニュースdeニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。