So-net無料ブログ作成

資産家夫婦失踪事件  犯人逮捕!! [事件]

資産家夫婦失踪事件 について


スイス在住の資産家夫婦失踪事件で
警視庁は、沖縄・宮古島に逃走していた
40代の男1人の身柄を確保しました。


スイス在住の資産家の夫婦
霜見 誠さん(51)・美重さん(48)夫婦は
架空のパーティーの話で連れ出されていて
夫婦と男らは、何らかの面識があったと見ていたようです。

その架空のパーティは
有名人歌手の名前が使われ
それが 福山雅治さん だったそうで
名前を悪用された
福山さんも とんだ迷惑だと思います。


これまでの捜査で
架空のパーティーの話を持ちかけた人物や
レンタカーを借りた人物などを
すでに把握していて
霜見さんのクレジットカードで、
新幹線の回数券300万円分を購入しようとした男や、
霜見さんの財布を質店に預けた男の
特定も進めていたようです。


新幹線の回数券300万円分 買う人なんて
めったにいないから
絶対不信がられると思うのですが
考えなかったのでしょうか??

沖縄・宮古島に男らが潜伏しているとの情報があり、
警視庁は捜査員を派遣し、行方を追っていて、
29日夕方、1人の身柄を確保しました。


身柄を確保されたのは、
死体遺棄容疑で逮捕状が出ていた数人の男のうち、
40代の男1人で
他の容疑者も 宮古島に潜伏していると
みているようです。


2人の遺体は久喜市佐間の更地に埋められた状態で
28日に発見されました。
穴の深さは約2メートルで、
首には絞められた痕があったそうです。、


遺体が発見された土地は
昨年 資産家夫婦が疾走する
1か月まえに 売買されていて
先月 突然ついたてが建てられ
その中の土地の穴を掘っていたと
近所の人が証言していました。
その土地を買った所有者と
マンション近くで不審な動きをしていた
車の所有者は一緒らしいです。


大きな地図で見る


夫婦は昨年11月下旬に帰国し
12月7日に東京都中央区銀座のマンションを出た後
連絡が取れなくなっていました。


計画的犯行の可能性があると捜査をすすめているそうですが
完全に 計画的ですよね。

お金目当てかと思われていましたが
怨恨の可能性もあるとかで

一緒に連れて行った犬たちはどうしたのでしょう?


ご冥福をお祈りいたします。


アルジェリア人質事件 目的 真相! 何故 日揮のプラントだったのか? [事件]

アルジェリア人質事件 真の目的について。

アルジェリアの人質事件は 
悲惨な結果に終わりましたが
その真相目的
わかりつつあります。

何故あのプラントだったのか?
疑問に思ってました。

報道では
フランスの マリ軍事介入にたいする
反抗のための
反政府テロだと一般に報道されてますが

青山繁晴氏が
様々な関係者から聞いた話によると

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=k6I2HGvVfdI#t=115s



今回の事件は 「国際誘拐ビジネス犯罪集団」による
身代金目的による犯行だったとのことです。

確かに 犯行側の生存者の証言でも
司令官ベルモフタールの指示により
フランス人2人 イギリス人2人 日本人1人を連れて
マリ北部に移動するようになっていたとありました。

フィリピンの生存者の証言では
最初に侵入してきた時点で
日本人は5人殺害されそうです。

犯行グループの標的は
英国BP副社長等エグゼクティブ要人と
身代金引き上げのための日本人だけだったそうです。

だから、日揮の元副社長 新谷氏が
あのプラントに入る16日を狙って 襲撃したそうです。

報道でも言われているように
内通者がいた から
その日を 選べたのでしょう。

アルジェリア政府は
プラントで働いていた料理人たち11人を
取り調べているとのことですが
犯行グループ側からの
内通者もいたそうで
アルジェリア政府や軍は
犯行グループの真の目的や名前
人質の情報も すでに持っていたそうです。

当然 フランスやイギリス
日本政府にも
その情報は入っていたことでしょう。

フランス大統領は
アルジェリア軍の対応を評価していましたが
マリの北部は 誘拐ビジネスの無法地帯で
そこに 連れ込まれると
事件が長引き 
身代金も引き上げられることを知っていたから
早めの事件解決は
ありがたかったのかもしれません。

フランス」政府が悪く言われることもないのですから。

この事件にたいする
アメリカの無関心も気になりました。
テロには 一切屈服しないと
強気だったアメリカが
黙視していたのは 
アメリカ人の人質がいなかったからだけではないでしょう。

オバマさんも 国内の問題が山積みで
いっぱいだったのかもしれません。

日本政府も 人命優先と
表向きは言っていますが
こういった 報道もしないのですから
私たちは真実を見る目を
持たなくてはいけませんね。




アルジェリアの歴史 フランス植民地支配・独立戦争・脱植民地化

アルジェリアの歴史 フランス植民地支配・独立戦争・脱植民地化

ニュースdeニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。