So-net無料ブログ作成
- | 2013年01月 |2013年02月 ブログトップ

園田隆二 体罰 恐ろしい実態! [スポーツ]

園田隆二 体罰 について

女子柔道の園田隆二監督の体罰(パワハラ)の
ニュースを見て ええ~!!って
思わず言ってしまいました。

園田隆二監督は オリンピックの女子柔道の試合の時
テレビにたくさん映っていて
とても 印象深かったのです。

桜宮高校の事件以来
多くの高校で 体罰が行われている事実が
明るみに出てきていますが

オリンピックの世界でも浮上してきました。

柔道の日本代表を含む女子選手15人が、
園田隆二全日本女子監督やコーチから
暴力などのパワーハラスメント行為を受けていたと去年の12月に告発していたのです。

桜宮高校の事件が取りざたされる前です。

日本オリンピック委員会(JOC)も
体罰の問題で 世間が騒がしくなっているので
表ざたにせずにはいられなかったようです。


全柔連は昨年9月に1人の女子選手から同様の訴えを受け、
数年間、暴力行為があったことを把握していたようですが、
11月に園田監督の続投を発表しました。

全柔連で園田監督に聞き取り調査し、事実が確認されたため、
今月19日に園田監督と元強化コーチに文書で戒告処分を言い渡したとのこと。
全柔連の処分は(1)永久資格停止(2)一時資格停止
(3)文書による戒告(4)口頭による注意--に分かれています。


15人連名でJOCへ提出された告発文には
園田監督の退任要求が含まれていたそうですが
現時点では交代させない方針だそうです。


全柔連として把握している園田監督の選手への暴力行為は
10年8月~12年2月の5件。
集合が遅かったり、
大会で負けたりした時などに平手や棒などで殴打。
それ以外に元強化コーチによる暴力もあったそうですが。

しかし、ある週刊誌に暴露した選手の話では

「愛のムチとは程遠かった。 みんなの前で(コーチらが選手を)ガツガツ殴ったり蹴ったりして、ひどかった。 代表選考の実権を握っている人たちに逆らうと 『五輪に行けなくなる』『切り捨てられる』と、 みんな泣き寝入りしていた」と明かした。

とのことです。

実際、ただの平手打ちぐらいでは
日本オリンピック委員会(JOC)に告発しないのではないか?
と思うのです。


全柔連も 実態隠しに必死なのでは?

告発した15名の選手名は
JOCから全柔連に伝えられていないそうです。
松本薫選手もふくまれているとか。

愛のムチなら 受けてる方も感じるはず。
体罰と感じるのは
自分の感情のはけ口に 暴力を使っているからではないでしょうか?





資産家夫婦失踪事件  犯人逮捕!! [事件]

資産家夫婦失踪事件 について


スイス在住の資産家夫婦失踪事件で
警視庁は、沖縄・宮古島に逃走していた
40代の男1人の身柄を確保しました。


スイス在住の資産家の夫婦
霜見 誠さん(51)・美重さん(48)夫婦は
架空のパーティーの話で連れ出されていて
夫婦と男らは、何らかの面識があったと見ていたようです。

その架空のパーティは
有名人歌手の名前が使われ
それが 福山雅治さん だったそうで
名前を悪用された
福山さんも とんだ迷惑だと思います。


これまでの捜査で
架空のパーティーの話を持ちかけた人物や
レンタカーを借りた人物などを
すでに把握していて
霜見さんのクレジットカードで、
新幹線の回数券300万円分を購入しようとした男や、
霜見さんの財布を質店に預けた男の
特定も進めていたようです。


新幹線の回数券300万円分 買う人なんて
めったにいないから
絶対不信がられると思うのですが
考えなかったのでしょうか??

沖縄・宮古島に男らが潜伏しているとの情報があり、
警視庁は捜査員を派遣し、行方を追っていて、
29日夕方、1人の身柄を確保しました。


身柄を確保されたのは、
死体遺棄容疑で逮捕状が出ていた数人の男のうち、
40代の男1人で
他の容疑者も 宮古島に潜伏していると
みているようです。


2人の遺体は久喜市佐間の更地に埋められた状態で
28日に発見されました。
穴の深さは約2メートルで、
首には絞められた痕があったそうです。、


遺体が発見された土地は
昨年 資産家夫婦が疾走する
1か月まえに 売買されていて
先月 突然ついたてが建てられ
その中の土地の穴を掘っていたと
近所の人が証言していました。
その土地を買った所有者と
マンション近くで不審な動きをしていた
車の所有者は一緒らしいです。


大きな地図で見る


夫婦は昨年11月下旬に帰国し
12月7日に東京都中央区銀座のマンションを出た後
連絡が取れなくなっていました。


計画的犯行の可能性があると捜査をすすめているそうですが
完全に 計画的ですよね。

お金目当てかと思われていましたが
怨恨の可能性もあるとかで

一緒に連れて行った犬たちはどうしたのでしょう?


ご冥福をお祈りいたします。


上重聡 安座間美優 破局!? [芸能]

上重聡 安座間美優 破局について



好きな男性アナウンサー4位の上重聡(32)アナと
以前 ズムサタに出ていた安座間美優さん 
破局したってうわさがあるようですけど
デマみたいですね~。
つきあってたのも知らなかったんですけど(^_^;)
そういわれてみると
お似合いのカップルですよね。
二人とも 背が高くてうらやましい~!!


上重さん 
しゃべくりに出てましたけど
羽鳥さんとかぶる感じが(^O^)

PL学園のエースで
松坂投手と投げ合った投手だったなんて!!

大学で肩を壊したそうで
そうでなければ
今頃 プロ野球選手だったんでしょうね。

本人は明るく話してましたけど
相当 辛かったと思います。

でも、元が明るいんでしょうね。
野球とは全く関係ない仕事につきたいって考えたんみたいです。
子供のころからの夢を
そう 簡単にはあきらめられないのが
普通だと思います。

アナウンサーになろうか と思った時は
周りに相当反対されたそうです。

入社試験を受ける2日前に
松坂投手が さんまさんの番組に出演することになって
そこについていかせてもらい
そのあと 食事に行くことになって、
さんまさんに 
アナウンサーになりたいんですけど
って相談したところ
「いいんやない!人と違うことするから
おもしろいやん」って言われて
決意したそうです。

人生って何が起こるかわからないですよね。

上重聡アナは 
アナウンサーにピッタリだと思います。

羽鳥さんが ズームインを降板するとき
ディレクターに呼ばれて
 D「驚かないでね」
 上(わかってますって)
 D「桝くんになったから」
 上「ええええ?」

高校の時も 松坂投手の次で2番手
今回も 後輩の桝アナに抜かれて2番手

でも、私は 上重くんのトーク大好きですよ!!
これからも、頑張ってください。





アルジェリア人質事件 目的 真相! 何故 日揮のプラントだったのか? [事件]

アルジェリア人質事件 真の目的について。

アルジェリアの人質事件は 
悲惨な結果に終わりましたが
その真相目的
わかりつつあります。

何故あのプラントだったのか?
疑問に思ってました。

報道では
フランスの マリ軍事介入にたいする
反抗のための
反政府テロだと一般に報道されてますが

青山繁晴氏が
様々な関係者から聞いた話によると

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=k6I2HGvVfdI#t=115s



今回の事件は 「国際誘拐ビジネス犯罪集団」による
身代金目的による犯行だったとのことです。

確かに 犯行側の生存者の証言でも
司令官ベルモフタールの指示により
フランス人2人 イギリス人2人 日本人1人を連れて
マリ北部に移動するようになっていたとありました。

フィリピンの生存者の証言では
最初に侵入してきた時点で
日本人は5人殺害されそうです。

犯行グループの標的は
英国BP副社長等エグゼクティブ要人と
身代金引き上げのための日本人だけだったそうです。

だから、日揮の元副社長 新谷氏が
あのプラントに入る16日を狙って 襲撃したそうです。

報道でも言われているように
内通者がいた から
その日を 選べたのでしょう。

アルジェリア政府は
プラントで働いていた料理人たち11人を
取り調べているとのことですが
犯行グループ側からの
内通者もいたそうで
アルジェリア政府や軍は
犯行グループの真の目的や名前
人質の情報も すでに持っていたそうです。

当然 フランスやイギリス
日本政府にも
その情報は入っていたことでしょう。

フランス大統領は
アルジェリア軍の対応を評価していましたが
マリの北部は 誘拐ビジネスの無法地帯で
そこに 連れ込まれると
事件が長引き 
身代金も引き上げられることを知っていたから
早めの事件解決は
ありがたかったのかもしれません。

フランス」政府が悪く言われることもないのですから。

この事件にたいする
アメリカの無関心も気になりました。
テロには 一切屈服しないと
強気だったアメリカが
黙視していたのは 
アメリカ人の人質がいなかったからだけではないでしょう。

オバマさんも 国内の問題が山積みで
いっぱいだったのかもしれません。

日本政府も 人命優先と
表向きは言っていますが
こういった 報道もしないのですから
私たちは真実を見る目を
持たなくてはいけませんね。




アルジェリアの歴史 フランス植民地支配・独立戦争・脱植民地化

アルジェリアの歴史 フランス植民地支配・独立戦争・脱植民地化

アルジェリア 地図 イナメナス 日揮 生存者 証言 [世界]

アルジェリアの人質事件が起ったイナメナスの地図です。

アルジェリア人質事件で、
日本人として最後に死亡が確認された
プラント建設会社「日揮」元副社長・新谷正法さんの遺体が
フランス・パリを出発し
26日午後、成田空港に到着する予定です。





グーグルでは イン アメナスと表示されています。

周りは 砂漠です。


より大きな地図で アルジェリア・イナメナス を表示

25日 日揮の広報・IR部長 遠藤毅氏の会見で
生存者の証言が 公表されました。



1月16日の朝5時40分ごろ、
日揮キャンプ(宿舎)の部屋の中にいたところ、
サイレンが鳴り、何か起きたと思った。
ドアを開けたら「ステイルーム! (部屋にいろ! )」
という声が聞こえたので、部屋にこもった。
その後、外から銃声のようなものがかなり聞こえていたが、
自分の目では見てはいない。

 6時半から8時ごろ、近くの部屋と思われるところで
「オープン・ザ・ドア! (ドアを開けろ! )」という声が聞こえ、
銃声も聞こえた。
9時ごろヘリコプターの音が聞こえ、軍隊が助けに来たと思った。
日中のはっきりとした時間は分からないが、銃声音が鳴り響いていた。


翌日17日、朝9時45分ごろ部屋の小窓から外を確認すると、
当社のアルジェリア人スタッフが数人いた。
話しかけたところ、
「安全担当のアルジェリア人スタッフが部屋をノックして確認しているので、
それまで部屋で待て」と言われた。

その数分後、その安全担当の(アルジェリア人)スタッフが
自分の部屋をノックしてくれ、部屋を開けると、
必要最低限の荷物を持つよう指示され、
頭にはターバンのようなものを巻かれ、ほかのアルジェリア人スタッフからは、
ネックウォーマーで顔を隠すように言われた。

アルジェリア人に助けられた

 アルジェリア人スタッフに取り囲まれながらキャンプの外に出て、
建設工事の下請けの会社のキャンプに逃げ込み、かくまってもらった。
このキャンプに着くと、知り合いのアルジェリア人がいて、
部屋の中に入れてくれ、食料と水をくれた。

 先ほどの下請け業者の安全担当の人物が警察の車まで走って行き、
自分(=証言している日揮社員)の保護を頼んでくれた。
その後、近くまで警察の車が来てくれたので、
そこまで200メートルぐらい走っていって乗り込んだ。
その車でアルジェリア軍のキャンプに連れていかれた。
軍のキャンプで水を補給した後、軍のチェックポイントに連れて行かれ、
メディカルチェックを受けた後、そこで待機していた。
その間、外で武装勢力が攻撃している様子が見えた。

 17日午後3時ごろ、同僚の日本人駐在者が車に乗っているのを見つけ、
以後は同僚と一緒になって行動した。
その後、イナメナスタウンの警察署まで移動し、
そこから日本にいる自分の家族に無事を連絡した。
その後、顧客のソナトラック社(アルジェリアの国営石油資源公社)の
キャンプに連れて行かれ、そこで食事を取ることができた。
その日の夜8時、イナメナス空港から飛行機に乗ってアルジェに向かった。

東洋経済オンラインより

こんな事件が起こると
アルジェリアの人が みんな恐ろしいように感じますが
証言から
現地の人は いい人が たくさんいることがわかります。

一部のテロリストのせいで
イスラム教徒の人が
すべて 過激で何をするかわからない的な
印象を持たれてしまうのです。

この事件で亡くなられた方は
現地の仲間と協力しあい仕事をする中で
現地の人を 信頼していたと思います。


今回の人質事件で、
アフリカに進出している各国の企業の間では
不安が広がっているそうです。
当然ですが。


アルジェリアのセラル首相は、エネルギー省に対して、
油田企業の警護にあたっている会社の責任者の名前や人数、
武器の種類など詳細な情報を提供するよう求めたそうです。

さらに、現地で働くすべての人の命を守るため、
より厳しい警備体制の基準を制定するとしています。

また、地元捜査当局は、
犯行グループに内部情報を提供したとして
プラントで勤務していた男らの行方を追い、
事件の解明を急いでいるとのことです。

アルジェリアも、外国の技術がないと
経済に打撃を与えるので 
首相も 信頼を取り戻すのに 必死にならざるを得ないでしょう。

日本政府の対応も これから求められるでしょう。
昨年1月時点で防衛駐在官49人の配置は、
欧州が16人であるのに対し、
アフリカは2人で、中南米には派遣されていません。
危ない地域に行きたい
お役人さんは 少ないようです。

しかし、世界で活躍する邦人のためにも
高いお給料をいただいている
お役人さんも お役目を果たしていただきたいものです。












- |2013年01月 |2013年02月 ブログトップ
ニュースdeニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。