So-net無料ブログ作成

アルジェリア人質事件 目的 真相! 何故 日揮のプラントだったのか? [事件]

スポンサーリンク




アルジェリア人質事件 真の目的について。

アルジェリアの人質事件は 
悲惨な結果に終わりましたが
その真相目的
わかりつつあります。

何故あのプラントだったのか?
疑問に思ってました。

報道では
フランスの マリ軍事介入にたいする
反抗のための
反政府テロだと一般に報道されてますが

青山繁晴氏が
様々な関係者から聞いた話によると

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=k6I2HGvVfdI#t=115s



今回の事件は 「国際誘拐ビジネス犯罪集団」による
身代金目的による犯行だったとのことです。

確かに 犯行側の生存者の証言でも
司令官ベルモフタールの指示により
フランス人2人 イギリス人2人 日本人1人を連れて
マリ北部に移動するようになっていたとありました。

フィリピンの生存者の証言では
最初に侵入してきた時点で
日本人は5人殺害されそうです。

犯行グループの標的は
英国BP副社長等エグゼクティブ要人と
身代金引き上げのための日本人だけだったそうです。

だから、日揮の元副社長 新谷氏が
あのプラントに入る16日を狙って 襲撃したそうです。

報道でも言われているように
内通者がいた から
その日を 選べたのでしょう。

アルジェリア政府は
プラントで働いていた料理人たち11人を
取り調べているとのことですが
犯行グループ側からの
内通者もいたそうで
アルジェリア政府や軍は
犯行グループの真の目的や名前
人質の情報も すでに持っていたそうです。

当然 フランスやイギリス
日本政府にも
その情報は入っていたことでしょう。

フランス大統領は
アルジェリア軍の対応を評価していましたが
マリの北部は 誘拐ビジネスの無法地帯で
そこに 連れ込まれると
事件が長引き 
身代金も引き上げられることを知っていたから
早めの事件解決は
ありがたかったのかもしれません。

フランス」政府が悪く言われることもないのですから。

この事件にたいする
アメリカの無関心も気になりました。
テロには 一切屈服しないと
強気だったアメリカが
黙視していたのは 
アメリカ人の人質がいなかったからだけではないでしょう。

オバマさんも 国内の問題が山積みで
いっぱいだったのかもしれません。

日本政府も 人命優先と
表向きは言っていますが
こういった 報道もしないのですから
私たちは真実を見る目を
持たなくてはいけませんね。




アルジェリアの歴史 フランス植民地支配・独立戦争・脱植民地化

アルジェリアの歴史 フランス植民地支配・独立戦争・脱植民地化



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ニュースdeニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。